腸内フローラの善玉菌を増やす腸活が大切!

 

人の体の中にはたくさんの臓器があります。実は皮膚も臓器の一種ですが、体内に存在する臓器を内臓と呼んでいます。

内臓の中でも食べ物の消化や吸収に関係してくるのが、胃や腸などです。

その他にも関係する内臓があるものの、世間一般で最も知られているのが胃や腸だといえるでしょう。

特に腸は胃で消化された食べ物を更に細かくして栄養を吸収し、残ったものは便として排出するという、たくさんの作業を行っている内臓です。

腸内には腸内フローラと呼ばれる場所が存在します。

少し変わった名称ですが、腸の健康を維持するための腸活を行う上で、密接に関わってくる場所です。

腸内には驚くほどの種類と数を誇る細菌が住んでいます。その種類は100を超え、総数で見ると600兆個以上も生息しているとされています。

細菌には良い菌と悪い菌、どちらにも属さない菌の3つが大きく分けて存在している状態です。

腸内のあらゆる部分に住み着いているものの、特に回腸と大腸の間の部分に多くの細菌が集まっています。この部分が腸内フローラです。

細菌の集合している様子が、まるでお花畑のように見えることから、この名称がつけられた経緯を持っています。

腸内フローラに主に存在する、3種類の細菌のバランスが人の身体に影響を与えます。

良い菌が多くなれば健康的な身体を維持しやすくなり、快適な生活を送れるようになりますが、悪い菌が多くなると、肌荒れや便秘、下痢や腹痛、栄養の吸収を妨げられるなど、様々な問題を引き起こしがちです。腸活をするには良い菌を増やして、悪い菌を抑えるのがコツになってきます。

良い菌は善玉菌ともいわれています。腸内環境を整え、悪玉菌の割合を減らしてくれる、人にとって大切な細菌です。

腸活をするには善玉菌を増やせば良いことがわかるでしょうが、もう少し腸内フローラの環境について理解を深めましょう。

この場所には3種類の細菌が住んでいるといいましたが、理想的なバランスというのがあります。全体を10と考えて、良い菌の割合が2、悪い菌の割合が1、そして日和見菌が7であるのが健康的な腸にするために適したバランスだとされています。

単純に良い菌を増やせば良いわけでなく、日和見菌というものが最も多くの割合を占める必要があることがわかるはずです。

日和見菌は状況によって変化する性質を持っており、身体の調子が悪くなると悪い菌のように働き、その逆なら良い菌が有利になるように働くといった風に、自在に変化します。

つまり、腸活で善玉菌を悪玉菌よりも増やす努力をするだけで、後は腸内に存在する日和見菌が自然と良い方向へと導いてくれることになります。

日和見菌の代表的な菌として大腸菌が存在します。

大腸菌といえば腹痛や下痢などを発症する病気の原因としてのイメージが強いですが、普段から生息している細菌であり、悪い菌の割合が増えなければ基本的に悪さをしません。

腸の健康を守ってくれる良い菌、善玉菌を腸活で実際に増やしてみましょう。

腸活や便活を行うことで便秘解消やダイエット効果が期待できます。さらに免疫力がアップし健康を維持することもできます。

増やす方法には色々なやり方がありますが、最もわかりやすいのが口から摂取して補ってあげることです。巷に乳酸菌食品がたくさん存在します。

乳酸菌は善玉菌に含まれますので、腸活・便活において積極的に取り入れたい食品になります。乳酸菌の他に、ビフィズス菌も良い菌に該当します。

乳酸菌食品で有名なのがヨーグルトです。

スーパーに行けばたくさん並んでいますので、入手がとても簡単です。固形タイプのものが主流ですが、飲むヨーグルトも同じように腸に乳酸菌を届けることができます。

ヨーグルトのパッケージを確認すると、難しい言葉や数字などが書かれた乳酸菌が配合されているものを多く見かけるでしょう。乳酸菌などの腸に良い菌にはたくさんの種類が存在するため、基本的にどの商品を選んでも同じような作用を得られると考えて構いません。味の好みなどで選べば十分です。

ヨーグルト以外にも腸内フローラの良い菌を増やしてくれる食品が存在します。ヨーグルトと同じ乳製品である、チーズに含まれています。チーズもヨーグルトと同じく発酵食品です。

発酵食品として日本で馴染みの深い、味噌やぬか漬け、納豆などにも良い菌が含まれています。キムチも同様です。

これらの発酵食品を中心に、良い菌の餌となって効率良く増やすことができる、オリゴ糖を摂取しましょう。オリゴ糖として商品が販売されている他、はちみつやポン酢、リンゴといった食品にオリゴ糖が含まれています。

発酵食品とオリゴ糖、さらに圧倒的な量をほこる食物繊維で腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」という青汁ゼリーがおすすめです。

食物繊維やビタミン、ミネラル植物発酵濃縮エキスの野菜不足サポート成分や乳酸菌、オリゴ糖などのスッキリ成分、さらに美容にかかせないヒアルロン酸を寒天で固めたジュレ状の青汁です。

食事以外の生活習慣を気をつけることも、腸活には必要です。腸内フローラの善玉菌はストレスに弱く、ストレスを上手に発散できないと徐々に減少していき、悪玉菌が有利な腸内環境になってしまいます。

ストレスを溜めないために趣味を見つけて息抜きをしたり、お風呂にゆっくりと浸かる、睡眠不足を避ける、身体を動かしてリフレッシュするなどの対策がおすすめです。

決して無理をせず、余裕をもって腸活・便活にチャレンジしましょう。