菌活に役立つ紅茶キノコ「コンブチャ」で腸活をしよう!

 

近頃は菌活にトライする女の方が増加しており、“>紅茶キノコ(コンブチャ)の事に関心を持っている人もいるのではないでしょうか?

紅茶キノコは昭和50年くらいに日本でブームが巻き起こった健康食品とされ、自分の家で手軽に作ることができるということで人気となりました。

この紅茶キノコ(コンブチャ)は海外セレブなども愛飲していますし、日本でも再度フィーチャーされています。。

紅茶キノコはキノコではなく、酢酸菌と酵母から作られているということです。

ゲル状の菌株と酢酸菌を砂糖入りの紅茶に入れて、発酵させることにより健康や美容に良い健康食品となるのです。

菌活の為に紅茶キノコは発酵飲料として飲用するためのものであり、ゼリー状の菌株を口にするのではなく液体の方を飲用するようにして下さい。

発酵食品と言えば味噌や醤油、納豆、ヨーグルト、チーズ、漬物等といったものがありますが、これらはいずれも健康に良いものとされています。

最近では菌活を行う女の方が急増していますし、乳酸菌等の入ったサプリメントを摂取している人も多いでしょう。

乳酸菌はお腹の調子を整えてくれますし、腸をキレイにする効果が発揮されます。

菌活によりお腹の調子が良くなりますと美肌にはもちろん、整腸作用なども期待できる事が分かっています。

また、この健康食品には乳酸菌だけに限らず、酵素やアミノ酸、ポリフェノール、ビタミン類なども豊富に含有されているということです。

その為免疫力を高める効果や疲労回復効果、抜け毛の改善、ホルモンバランスを整える、血圧を下げる、コレステロール値を下げる、アンチエイジング効果などの期待ができます。

最近はダイエットやデトックスの面からも注目を集めており、菌活を行って便秘解消ダイエットし健康的な日々を送ることを意識すると良いでしょう。

紅茶キノコは菌株を入手すれば簡単に育成する事ができます。

500ccのお湯に紅茶のティーパックと砂糖3分の1カップを入れ込んで冷まし、冷めた紅茶の中に菌株を入れて布等で蓋をし、常温に置いて発酵するのを待ちましょう。

ちなみに、砂糖が多くなると発酵の過程でアルコールが多くなってしまいますし、砂糖が少ないと途中で腐ってしまうことがあるので気を付ける必要があります。

紅茶に入れた砂糖は菌が発酵する為に必要とされる栄養素でして、砂糖という形ではほとんど残らないとされています。

そのため砂糖を避けたいという人でもあまり気にしなくて良いでしょう。また、熱過ぎる紅茶はせっかくの菌株を殺してしまうので、常温に冷ましてから菌株を入れるようにしてください。

砂糖は紅茶が熱い方が溶け易いので、先に溶いてから冷やすのがおすすめです。

ちなみに、紅茶のカフェインも発酵の途中でほとんど無くなりますので、カフェインを摂取したくない人でも安心です。

また、発酵させるには酸素が必要不可欠ですし、密閉してしまったら酸素が不足してしまうので蓋をしてしまうのはやめた方が良いでしょう。

しかしながら、何も被せていなければ埃や虫が入ってしまうため、ガーゼやキッチンペーパーなどを被せておくと良いでしょう。

高温だと発酵が早く、温度が低いとジワジワと発酵するという特徴があります。少しずつ味見をして酸味が出てきたと感じ取ったら飲み頃です。

元気に発酵している微炭酸を感じられますし、爽やかな味わいが特徴です。しかし、発酵しすぎると酸っぱくなってしまいますし、薄めて飲んだ方が良いでしょう。

飲み頃になったら別の容器に移して冷蔵庫で保管するのがおすすめです。冷蔵庫で保管すればそれ以上発酵することはないですし、美味しい状態で飲用することができるでしょう。

また、すぐに新たな紅茶と砂糖を入れれば菌株はそのまま利用可能ですし、どんどん飲料を使い続ける事ができます。

菌株は身近な人から譲ってもらうという方法も見られますが、近くに育成している人がいない場合は市販の飲料の沈殿物から地道に菌を成育させていくと良いでしょう。

ちなみに、最近では菌株を取り扱っている専門店などもありますし、そのようなお店から購入するという方法もあります。

紅茶キノコはあくまでも健康食品であり、薬ではありませんので摂取量や飲用するタイミングなどが厳密に定められているわけではありません。

そのまま飲用しても良いですし、水や炭酸飲料などで割って飲用しても良いです。ジュースやヨーグルトに加えても美味しく飲用する事ができます。

もちろん健康や美容に良いものだからと言ってただ豊富に飲めば良いと言うわけではありません。

重要なことは毎日継続するということであり、少量を数回に分けて飲用していくのがおすすめです。

紅茶キノコは酵素も豊富に含有されているため、食前に飲用したらお腹の調子が良くなるという人もいます。

最適な量は人それぞれで差がありますし、まずは少ない量からチャレンジしてみると良いでしょう。問題ないと感じたら量を増やしても良いかもしれません。

発酵食品は体に良いものですが、発酵は腐敗は紙一重ということを知っておきましょう。

どちらの方も菌が糖やたんぱく質などを分解することによって起こる現象でして、人間にとって有益な場合は発酵、害がある場合は腐敗と呼んでいるだけなのです。

怪しい臭いがする場合やカビが生えていると感じ取ったら遺棄するようにしましょう。